プロフィール

長谷河平蔵

Author:長谷河平蔵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/25 (Tue) 02:50
金平糖

image55555.gif



「緑寿庵清水」の金平糖は、カルチャーショックを受けるほどの金平糖であった。

子供の頃から、金平糖は角が尖っているものだと思っていたのだが・・・「緑寿庵清水」の金平糖を見た時には、ショックを受けた。


「角が丸いんです」


丸ければ、角じゃないと言われるかも知れないが・・・


金平糖の核には、「イラ粉」と言うもち米を細かく砕いたものが使われ、グラニュー糖を溶かしたものをふりかけ、蒸発させてまた同じ行程を繰り返す事2週間でようやく、直径1センチ強の一人前の金平糖となる訳です。

たまたま、私がここを訪れた時に店主がお話を聞かせてくれた訳ですが、あの金平糖の出来上がりを見た時には、ほんとにカルチャーショックを受けました。今まで食した金平糖はなんだっただろうと・・・
これほどまでに、手間暇掛かるものだとは思いも寄りませんでした。

見た目もそうですが、食した時の口の中での甘さの広がり方は、今まで食べていた金平糖とは比べ物にならない味わいでした。今まで食べてた物は、砂糖の塊だったんだ・・・

京都らしく、金平糖を小さな器に入れてあったり、ミニ重箱のような上品な入れ物に入っていたり、これは単なる駄菓子ではなく和菓子であると感じました。

今の時期なら、マスカットと和歌山みかんを使った金平糖が味わえますが、「苺・林檎・柚子・巨峰・生姜」に季節の金平糖5種が詰め合わせになった「菓懐石」とがお薦めです。

場所は、東大路通り今出川を一筋鴨川寄りに入って100?くらいの所にあります。郵送での発送もあるようですので、気になった方は、「緑寿庵清水」で検索されると良いと思います。
スポンサーサイト

2007/09/24 (Mon) 03:46
創作料理「よねむら」

よねむら



京阪電車四条駅から四条通りを歩いて、八坂神社の鳥居まで突き当たり、八坂神社をくぐって右側に行くと八坂神社の正門の石の鳥居がある。(四条通りから見える鳥居は、正門ではないのでご注意を)

正門をくぐって50メートルほどの所に、「よねむら」がある。

ここは、もともと一般人では入る事のほぼ不可能な「お茶屋」を改築して造られたのだが、入り口をくぐると横に箱庭があり昔の面影を残している。1階が創作料理の店「よねむら」で、2階は「バー」になっている。

「よねむら」の特徴は、「イタリアン」でもなく「フレンチ」でもなく「日本料理」でもない、それぞれの良い所を取り入れた「創作料理」と呼ぶにふさわしい。
昼は、いくつかコースがあって、ディナーよりは若干手頃なお値段で楽しむ事が出来るが、メインはディナーでコースは12000円のワンコースのみとなっている。

食材の組み合わせも斬新だが、器の使い方も斬新である。リキュールグラスに冷たいスープが注がれていたり、何とも可愛らしい器にパスタが盛られていたりして、初めて訪れた時には器の使い方にまず驚く事は間違いない。料理の方も、穴子と大根の炊き合わせの上にフォアグラがのっていたり、近江牛のサーロインの横にお茶漬けが添えられていたり、はたまた昔懐かしい味わいのあるカレーが出てきたり、これまた初めての方には確実に驚きを与えるメニュー構成でもてなしてくれる。
私のような、貧困な表現力でしか表せない文章では伝わりにくいと思うが、間違いなく驚きを与えてくれるお店である事だけは間違いない。

ただ、ここのオーナーはメニューの出し方にも拘りがあり、嫌いな物があるので外して欲しいと言うような事は通用しない。即座に「お帰り下さい」を告げられるのだが・・・そこにオーナーのポリシーを感じる部分でもある。
そう言いながらも、例えば「今日、誕生日祝いなんですよ」と先に告げれば、お祝いのケーキなどをさりげなく用意してくれたりする細やかな気配りも持ち合わせていて、気難しいだけなのかと思いきや!実は、繊細な心配りも持ち合わせるオーナーである。

最初は、怖い物見たさも手伝って行ったのがきっかけだったが、今ではここの虜になっている事は間違いない。

詳しい事は、検索すれば出て来ると思うので書きませんが、初めて訪れた時にはサプライズが待っている事だけは断言出来ますが、「よねむら」を気に入るか気に入らないは、結構意見の分かれるお店である事も
断言出来ます。

2007/09/23 (Sun) 02:57
淡島ホテル

淡島ホテル



新幹線の三島から送迎バスで1時間弱揺られて辿り着くが、ホテルは海の向こう側にある。専用の船で5分程度で着く距離だが、これだけでなんとなくリゾート気分になるから不思議だ。

富士山の眺望が良い事で、人気らしいのだが・・・最近では、今まででは考えられないくらい安く泊まれるようである。

私が泊まった当時は、1泊2食で二十数万円を払った記憶があるが、それに見合ったサービスが受けられたかと言うと・・・そうでもない。

確かに、料理はなかなかのものだった。感動したのは、「トマト」を使ったイタリアン。イタリアンに感動したと言うより「トマト」に感動した。これが、本当に「トマト」か?と思うくらいの甘みに感動!
高い値段を取ってるだけあって牛フィレステーキの上に乗っかっていたフォアグラも全く臭みのない良い物を使っていたが、あのトマトを味わってしまっては、そんな高級食材も霞んでしまうくらい強烈に印象に残っている。

部屋は、もちろん全室スイート仕様である。いろんな調度品も置いてあり高級感は漂うが・・・私的には、印象はもう一つだった。セレブの方達には丁度良いのだろうが、私には下品に感じたのは・・・生活習慣自体が違うせいなのだろうか?
何より、がっかりしたのは泊まった当日も翌日も天候が悪く・・・肝心の富士山が拝めなかったと言う事。
素晴らしい眺望が見たいが為に泊まっただけに・・・好印象がなかったのか?

全体のサービスとしては、値段の割りには良くないと言う印象しかない。チェックアウトの時に、船を使うせいもあってか、他のお客が揃うまで二、三十分も待たされた事が印象を悪くした最大の原因かも。
セレブに取っては、何でも無い事なのかもしれないが、時間に追われて生活を送っている私にとっては・・・



時間もお金にも余裕のある人は、ぜひ泊まって見るのも良いのではないでしょうか。



ちなみに、12歳未満の方は泊まれないようですのでお気をつけ下さい。
また、泊まった後に、リゾートマンションの案内などの郵送物が何度も送られてくるのには困ったモノです。
会員制では、やっていけなくなった為にパブリックにしたにも拘わらず、やっている事は昔のまんま「セレブ」をターゲットにしたような営業のやり方が気に入らないし、センスも感じられない。

「一期一会」を大切にする事が、リピートする一番の方法だと思うのですが、このホテルにはそこが一番欠けているいるように思えます

2007/09/21 (Fri) 02:43
ストリングスホテル東京

ストリングスホテル東京


私が、東京に行く際に一番利用するホテルです。


ここの特徴は、なんと言っても客室へ向かうエレベーターホールでカードーキーを挿入しないと入れない事です。こういうシステムを使っているホテルは本当に少ないです。泊まる側としては、安心感を得る事が出来るので、少々値段が高くても泊まる価値は十分にあると思います。


また、品川の駅からも近くホテルには、1階のロビーか品川駅から直結の2階にエントランスがあり、メインのロビーは25階になります。客室は26階?32階と眺望も良く禁煙・喫煙も選べ部屋のバリエーションも豊富です。通常料金の設定は、ツインで48000円からで少々高いですが、「一休」などのサイトからインターネット予約すると、2?3割程度は安くなると思います。また、全日空の株主などになっていると、優待も受けられるので5割近い割引も受けられます。


食事に関しては、中華かフレンチになりますがわざわざホテルで食事を取らなくても外に沢山ありますので気にしなくても良いと思います。ただ、面倒臭い方はフレンチなら深夜12時まで食事を取る事が出来るのは、ちょっと遅くなった時には便利でありがたいかと思います。後、レストランのフロアは天井が吹き抜けでとても開放感があるので、とても落ち着けると思います。


まだ、建って5年ほどですので、非常にホテルの状態も良く快適に過ごせます。アメニティも充実してますし、もちろんPC用のRAN接続ケーブルも利用出来ます。フロントの方の対応なども非常に心地良く、東京にお立ち寄り利用される事をお薦めします。



これからも、こんな感じでホテルの紹介や気ままな旅の日記などを掲載したいと思いますので、宜しくお願い致します。




| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。